Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

      2018/04/23

英語の発音矯正を独学でする方法               「“wrong, now I long for”は・・・」

 
Yesterday「“wrong, now I long for”は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

ザ・ビートルズの「イエスタデイ」を、CDと一緒にテンポを合わせて歌えるように発音の仕方を解説しています。

_________________ゥあー__________ラ________{ト(ァ) }←アメリカ英語発音
あーい セェ・ サム{スシ}ング ゥお  ング ナウ あい ローング フォ イェスたでい
I said something wrong, now I long for yesterday

※“Yesterday”(The Beatles)より

“wrong”。

「ロング」いえ、「ゥおング」・・・“グ” はほとんど聞こえないですね。「ゥおン」という感じ。

一応「」もふりがなで入れておきましたが、無理に言わなくていいです。

 

”wrong”は“W”の発音なので、唇を前に突き出して、唇の内側で直径2~3ミリの
小さな穴を作ったところからスタート
して言います。

 

・・・唇を前に突き出す・・・と言っても、イギリス英語だと、そんなに突き出して
歌わないんでしょうか・・・日本語に近い感じで歌っています。

 

次に来る “ro”「ロ」は舌を上顎に着けないで言う「らりるれろ」の「ロ」です。

(“Yesterday Once More”(Carpenters)の「“radio”の発音は・・・」参照)

 

“W”の発音のために唇は突き出したところから、上顎を空振りするように、「ゥお」と言ってください。

そして“ng”「ング」・・・の“g”は無理に聞こえるように力んで「う」の母音が入らないように
してください。

「ゥおーン」と歌えばいいですね。

」は聞こえるか聞こえないか・・・聞こえなくても良いのです。
」で口を閉じないようにしてください。

 

”ng”の口

“ng”の口の形

 

次の “ Now ” と “ I ” はもう、1,2度出てきていますね。
“ I ”「アイ」の「イ」は「ア」で開けたときの顎の位置を変えずに舌の状態を調節して言ってください。

 

aiの口

「あ」を言った顎の位置のまま、「い」を言う。
(舌の状を調節して言う。)

 

次の “ long ”「ロング」の「ロ」は舌を上顎に着ける言い方をする「ろ」です。
“L” 系の「らりるれろ」は、舌先を尖らせて上前歯2本分くらいの歯茎のところに着け (舌の裏に薄く立ち上がっている真ん中の「すじ」――舌小帯(ぜつしょうたい)――
が見えるくらいのところからスタートします。)、その舌先をそのまま下に垂直に降ろして言う 感じです。

舌先の裏側を前歯の裏側に擦り付けて降ろすぐらいな感じ・・・です。

Lの発音時の舌

舌の裏側のスジが見えるところからスタート!

 

そして“ng”「ング」・・・ですけれども、また“ng”「ング」・・・の“g”は落ちている感じですから、
「ゥローン」と歌えばいいですね。

「ン」で口を閉じないようにしてください。

”ng”の口

“ng”の口の形

 

アメリカ英語ですと、「ローング」というより、「ラーング」になります。
“London”「ロンドン」とかも、「ランダン」・・・っていう感じになるんですよねぇ。(・・)

 

それでもって、“for”。

“ f ” の発音をしますから、上前歯2本の先っちょを下唇の厚みの真ん中辺りにのせて、
声は出さずに唇と歯の間から息を吹き出して音を出します。

上唇を上げて歯を見せた状態でやります。

 

Fの口

上前歯を見せます。

 

・・・それが “ f ” の言い方ですが、ここでは “ fo ” というつづりで「フぉ」と、「お」の母音を
入れて言うところですから、上記、太字のやり方を使って「フぉ」と言います。

イギリス英語なので「フォー」とそのまま延ばせばOKです。

アメリカ英語ですと、 “fo”「フォ」の発音をしたあとに “ r ” の発音を入れます。

“r”の発音は、口を縦長に開け、唇の内側を見せるようにします。 (口角を中央に寄せるようにするとやり易いです。)

それと同時に舌先を上げて後ろに引きます。舌の奥の方を上奥歯に着けて固定、舌の上に
卵黄をのせているような感じの空間を作って、そこで共鳴させるような感じで声を出します。

 

[er][ch]の口

唇の内側を見せます。

卵黄イラスト01

卵黄を舌にのせるイメージ

 

 

“ l ” の発音に関しては、より、ネイティヴに近い発音ができるように
「“listen to”の発音は」番外編
で、さらに詳しくご説明しています。

 

 

このセンテンスの最後、“yesterday”は、もうやりましたから、
次回は“love was”のところを。
では(^ ^)/

 

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2018 All Rights Reserved.