Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“radio”の発音は・・・」

 
Y.O.M.「radioの発音は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

ウぇーない ゥワズ ィヤング あーいドゥ リスン トゥー {ズザ} ぅえいでぃーおう
When I was young, I’d listen to the radio

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

“radio”。“ra”のところの発音ですが、Lでなく、Rの方の「らりるれろ」の発音ですね。この場合は「ら」とは読まずに「れい」と読みますが。
それで・・・Rの発音ですが、私は中学の時には、「舌を上顎(口の中の天井)に着けないで言う」としか教わらなかったですが、実はR系の「らりるれろ」は発音する前に唇を前に突き出して「う」の形にしたところから言い始めるのです。舌先は上顎に付かないように、空振りさせるようにして言います。「ぅあ ぅい ぅう ぅえ ぅお」という感じです。
だから、“right”だったら、「ぅあいトゥ」という感じになります。
“radio”は「ぅえいでぃおう」。この最後の“o”も、「おー」とただ延ばすのはNG。「おう」と言ってください。結構、そういうの、あるんです。

phone ×フォーン ○フォウン(ヌ)
home ×ホーム ○ホウム
coat ×コートゥ ○コウトゥ

日本語を話している時に「mail」は「メール」でいいけれど、英語を話す時は気をつけないと・・・ですね。

やっと、1センテンス、終わりました!

 

次回は“Waiting”。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2017 All Rights Reserved.