Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

      2017/12/30

独学で発音を矯正する方法 「“favorite”の発音は・・・」

 
Y.O.M.「favoriteの発音は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

________{オ(ア)}________ぅえ___さ____←アメリカ英語発音
ウぇい ン フォー   マい フぇいヴぉ ぅいトゥ そーング
Waitin’ for my favorite songs

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

今回は“favorite”。日本語でよく「マイ フェイバリット」とか言いますが、英文の中でそのままのカタカナ
読みではマズイ。まず・・・
前々回の “ f ” のやり方を使い回せますよね。

① 上前歯2本の先っちょを下唇の厚みの真ん中辺りにのせる。
声は出さずに唇と歯の間から息を吹き出して音を出す。
上唇を上げて歯を見せた状態でやる。
④ わずかにでも、「フ」でためて、唇に歯をのせた状態で「フー」っと息を出す。

① ~④を実行しながら「フぇい」と言って、

「ヴぉ」。“V”の音を出すのだけれど、これもまた、上前歯を下唇の厚さの半分くらいのところにのせて、今度は有声で息を出します。“F”の時はシュッと通る息の音っていう感じだったのですが、“V”ではバイブレーション(振動)を起こして音を出します。上唇を上げて歯を見せた状態でやります。

Fの口

” F ” も ” V ” もこの状態で摩擦音を出す。
” F “は無声音
” V “は有声音

慣れないと難しいと思います。すぐにはできないかもしれないので、いずれできるように心がけながら歌えばいいと思います。“V”で有声の摩擦音を出すには“F”の時より唇を歯で強めに押さえるといいみたいです。そのようにしてバイブレーションを起こして「ヴぉ」と言います。

その次に “ ri ”。「R」系の「リ」だから唇を前に突き出して「ぅい」。(「“radio”の発音は・・・」参照)ですが、既に「ヴぉ」で唇は前に出ている状態なので、そのまま「ぅい」と、いけると思います。

・・・最後に「トゥ」。「トゥ」を言う時の口の形は、自然に開けた「い」の形です。

「フぇいヴぉ ぅいトゥ」。

口の形的には、“F”の体勢(上記①~④)から始まって、次からは「い・お・い・い」っていう感じです。

favoriteの口

 

イギリス英語の場合、“favorite”「フェイヴォリト」と、” ri ” のところを「リ」(口は「ぅい」と動かしますよ?)と読む感じで良いと思いますが、アメリカ英語の場合(西海岸)、ほとんどの “ i ” のところが「エ」に近い音になります。ここもアメリカ英語だったら「フェイヴォレト」と書いた方が近いかな・・・という感じです。

 

次回は“songs”。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2017 All Rights Reserved.