Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“But”の発音は・・・」

 
Y.O.M.「Butの発音は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

 カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

_____{あ(ぉ)}__________←アメリカ英語発音
バア { ゼデ} あ  {ベア}かーあげーン(ヌ)
But they’re back again

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

単語の最後の「t」はよく抜け落ちちゃいます。この“But”もそのパターン。
「バア」でOK。・・・ですが、この “B” 。日本語の「ば」を言う時とまた違うんですね。
唇を巻き込んでから言うのが “B” の発音なのです。特別に巻き込まないでぎゅっと押し付けるだけの人もいるようですが、その場合も日本語の「ば」よりも強く押し付けているようです。

唇巻き込みの口

唇を巻き込んでから言うのが ”B”の発音。

唇巻き込みの口 横顔図

CDの歌い方も結構、力、入っていますし、思いっきり巻き込んじゃった方が?

それと、喉の奥の状態なのですが、日本語の「あ」を言う時ほど開かないで「」を言います。咳払いをする時の喉の開き具合・・・と考えるとちょっと、掴みやすいでしょうか。CDを聴いて同じ様なトーンで歌えばそんなに開かないんじゃないかな・・・と思いますが。

それから、単語の終わりに来る「t」なのですが・・・急いで言うとどんな場合でも抜け落ちちゃう・・・
っていうわけではないです。次に来る音による。
次に “ I ” なんかが来ると、「ば い」って言わないですからね。「ば{らタ}い」になるし、“you” が来ると「ば ちゅ」。

※ “T” の発音は歯の根元ではなく、もう少し奥、口の中の天井の、がくっとくぼむ手前辺りで舌をはじかせるため、「タ」というより、「ら」っぽくなります。(でも、日本語の「ら」とはまた違う。)

 

次回は“they’re”。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2017 All Rights Reserved.