Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

      2018/05/07

海外旅行記--アメリカ(サンタ・フェ)--その2

 
サンタ・フェ006

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

アメリカ旅行~! in Santa Fe!

♪♪♪~~~

はい、前回、友人が勝手に

「このおじさんを迎えに来てくれる、そのお友だちの車で一緒に市内まで連れて行って
もらう。」

・・・と決めちゃったところで終わっていたわけですが・・・

エスカレーターを降りて・・・

「どんな人が来るんだろう?・・・どんな人が・・・」

と、心配な気持ちを抱えつつ、ついていきますと・・・ご友人の方は小さなお嬢さんを連れてそのおじさんをお出迎え。

「ホーッ。」(^ ^;) 問題なさそう。。。

――まーーったくもうっ。なんで、こういうこと、勝手に決めちゃうんだろう。

タイ旅行のときもそうだったなっ。(_ _#)

 

サンタ・フェ006

延々、こういう風景。1時間くらい?

サンタ・フェ007

ご友人とそのお嬢さんのお迎えの車で市内へ。

勝手に人の写真載せるのはいけないかな・・・ということで、
ざっと似顔絵?・・・似てないかも。
とっても、カワイイ子だったんですけど。

 

・・・車中、そのおじさんは、「ホテルは取ってあるの?」と。

でもって、私たちが取っていない旨伝えると、

「え~!大変だよぉ。」とかって。

後から知ったけれど、サンタ・フェはアメリカの人たちにとって、人気のある観光地だったんですね。

だから、「行った先で宿を決めればいい。」なんていう考えは甘かったのです!

 

ところで・・・なんですけれど、そのおじさんは、なんと、サンタ・フェの町の中心にある、大きな
ギャラリーのオーナーさんでした。

でもって、

「困ったら、来なさい。」・・・と、ネームカードをくださったのです。

私たちは「大変だって、何がそんなに大変なんだろう?」と言う感じで、市内に着いてからはそこで
お別れをして観光案内所に向かったんですね。宿を取るために。

そうしたら!

取れない!(> <)

ホテル代は3000円~5000円くらいで・・・と考えていたのですが、

” Full! “-- と言われてしまって。

で、「え~。どうしようか?・・・さっきのおじさんのところに行って訊いてみる?」ということになり。

名刺を頼りにそのギャラリーへ行きました。

 

サンタ・フェ050

広くて立派なギャラリーでした。

 

それで、事情を話しますと、すぐさまギャラリーのスタッフさんに、

「ホテル、探してあげて。」って頼んでくださって。

・・・で、たぶん、「一泊5000円くらいで。」と、予算を言ったと思います。

何軒も問い合わせてくださったけれど、どこも満室。

でもって、ついに

「あなたたちが、5000円だ、6000円だって言うからよ。1万円って言いなさい。」

とかって言われたと思います。

それで、「じゃあ、それでお願いします。」って言ったら、見つかったんです。

一泊2人で2万円のスイートルームが。本当に助かりました。

スタッフさんにまでお世話になりまして、恐縮です。

ギャラリーのオーナーさん、スタッフさん、どうもありがとうございました。

 

タクシーで10分か15分くらい行った所・・・だったか。

でも、スイートルームで2万円ってかなり、リーズナブル。

サンタ・フェ012

スイートルームっていうだけあって、広~いです!

スイートって、“sweet”じゃない。
同音だけれど、“suite”。「ホテルなどの一続きの部屋」っていうことなんですね。

 

サンタ・フェ013

 

サンタ・フェ014

 

サンタ・フェ015

 

サンタ・フェ016

 

ほとんど毎日外を歩き回って遊ぶ予定なので、こんなに広くても、もったいないばかりなのですが、
お部屋取れないんじゃ仕方ない。。。

でも、いい思い出です。(*^-^*)

次回はいよいよ市内観光。(^ ^)/

 

 

 



 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2018 All Rights Reserved.