Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“times”の発音は・・・」

 
Y.O.M.「timesの発音は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

______ゥ{オア}______________←アメリカ英語発音
{ズゾ}うズ ゥワ   さチ ヘ{(エ)ア}ぴ ターいムズ
Those were such happy times

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

“times”の発音は「タイ」は普通に言えば良いのですが(“t”の発音というものは、日本語の「た」より強く
はじくらしいですが。)、「ム」は母音を入れずに言います。「ム」は、唇を巻き込んで、開放するときに声を出して「ム」と言う音を出します。開放した直後の口の形は自然に開いた状態(1cmくらい)です。(唇を前に突き出さない。)「“M”の発音は・・・」参照)

唇巻き込みの口

”m”は、基本(きちんと言う時)は唇を巻き込んで言う。

唇巻き込みの口 横顔図

上下の唇を内側に巻き込みます。

でも、この場合、次に「ズ」を言わないとならないし、そのヒマは無いですよね。それはあくまで基本的には・・・なので、急いで言うときに、いちいちやらないようです。

言い終わった瞬間の口の形が日本語の「う」の形になっていると、「ウ」と母音が入ってしまいます。母音は入れないで言います。

・・・というわけで、「タイム」の「ム」でほどほどに唇を巻き込んで開放して言いますね。

それでもって、口の形を下図のようにして「ズ」を言います。この「ズ」は“was”の“ズ”と同じように(「“was”の発音の仕方って?」参照)、上前歯のエッジと下前歯のエッジの位置をほぼ同じにし(高さ的にも前後的にも)、舌を前歯の寸前に固定、うっすら息を吹き出せる状態にして摩擦音を出してください。

[S][Z]の口の形

歯を見せて言います。

[S][Z]発音時の断面

バイブレーションを起こします。
日本語の「ず」のように舌で上前歯の根元をはじいたりしません。

 

次は“And not so”を。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2017 All Rights Reserved.