Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“So fine”は・・・」

 
Y.O.M.「So fineは・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

ソウ ファーイン(ヌ)
So fine

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

“So”は“loved so”で既にでてきましたね。

「そー」ではなくて、「そう」。「う」は唇の内側で2~3ミリの小さな穴を作るようにして言ってください。でも、ここはメロディー的に “So” に与えられた時間が短いですからね・・・「ウ」まできちんと言わなくても、「ソ」でいいかも。
“S”の発音ですから、「スー」っていう音を入れるところです。「ソ」なのだけれど。上前歯のエッジと下前歯のエッジの位置をほぼ同じにして(高さ的にも前後的にも)、その隙間から息を出して「ス」を表現します。

zo,soの口

歯を見せて言います。

[S][Z]発音時の断面

上下の歯の隙間からきれいな摩擦音を出します。

 

次の「ファイン」は“F”の発音をきちんとやらないとですね。
“F”は「“for”の発音は・・・」でお伝えしましたとおり、上前歯2本の先っちょを下唇の厚みの真ん中辺りにのせて、声は出さずに唇と歯の間から息を吹き出して音を出します。上唇を上げて歯を見せた状態でやってください。

Fの口

歯を見せます。

最後に“n”がありますから、ここも必ず口を開けたまま、舌先を上前歯4本分くらいの根元に着けて「ん」と言ってください。「んー」と延ばすのはメロディーにのせる関係で無理かも(?)・・・だから、舌を離す時に生じる音も別に出ないかもしれません。

 

次回は“When they”は既に出てきましたので、“get to”のところを。
では(^ ^)/

※“When they”は既に出てきましたので、「“When they”の発音は・・・」をご覧ください。

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2018 All Rights Reserved.