Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“part”の発音は・・・」

 
Y.O.M.「partの発音は・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

_______________ パーぉ__←アメリカ英語発音
ウぇんねい ゲットゥー {ズザ} パー トゥ
When they get to the part

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

“part”ですが、唇を巻き込んでおいて思いっきり吹き出すのが“P”の発音です。

唇巻き込みの口

”P”の発音
唇を内側に巻き込んで言う。

唇巻き込みの口 横顔図

そのやり方で「パー」と言います。イギリス英語で歌うので、「パ」をそのまま延ばして「パー」と歌えば良いと思います。

そして「トゥ」。
「トゥ」は、「ト」と書くといかにも「お」の母音を入れた言い方をしてしまいそうな感じになるので「トゥ」としましたが、だからと言って「ゥ」という母音を入れていいわけではありません。母音を入れずに無声音(喉に手を当てて震えなければOK)で言います。口の形を自然に開けた「い」の形にして言ってください。

D,Tの口

「トゥ」の口の形。
口はすぼめません。

CDでは聞こえ辛いですが、舌を上顎に当ててはじく作業はしています。音としてハッキリ出なくても、
作業はしてください。

 

”part”って、アメリカ英語で言う時は「パー」のあとに ” r ” の音を入れるんですけれども、「ー」の部分、延ばす部分をですね、最初っから・・・つまり、“p”を発音した後、すぐに “r”の発音をしてしまう人が多いそうです。「パーぉ」でなく「ポーぉ」のように言ってしまう人が多いらしいんですね。でもそうではなくて、必ず最初に「あー」と延ばす部分が長くあって(口を大きく開けて喉も大きく開けます。)、その後に“r”の音をちょっと入れます。このときの“r”の音というのは--「“they’re”の発音は・・・」の記事の中で“are”をきちんと言う時の言い方を説明している、その “ r ” の発音の仕方です。

 

次回は“Where he’s”の発音を。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2018 All Rights Reserved.