Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

   

独学で発音を矯正する方法 「“long lost”は・・・」

 
Y.O.M.「long lostは・・・」

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。

カーペンターズの「イエスタデイ・ワンス・モア」を、CDと一緒にテンポを合わせて
歌えるように発音の仕方を解説しています。

じゃス・ ラいか ロング ロス・ フぅえンドゥ
Just like a long lost friend

※“Yesterday Once More”(Carpenters)より

今回は“long lost”。“long”の“ロ”も“lost”の“ロ”も、L系(舌先を上前歯の根元に着けて発音する「らりるれろ」)の「ロ」ですから、舌先を尖らせて上前歯2本分くらいの歯茎のところに着け(舌の裏に薄く立ち上がっている真ん中の「すじ」――舌小帯(ぜつしょうたい)――が見えるくらいのところからスタート。)、その舌先をそのまま下に垂直に降ろして言います。舌先の裏側を前歯の裏側に擦り付けて降ろすんですね。(「“listen to”の発音は・・・」参照)

Lの発音時の舌

舌の裏側のスジが見えるところからスタート!

そして、“long”の“ng”は「”young”の”ng”って?」で説明しましたように、」と言っている時に(口は閉じないで言う。)すぼまっている喉の奥をパッと開いて声を出します。「」は「」を言った時の半開きの口のままで発音します。鼻にかけて言う感じになります。舌先は「」のときも「」のときも下前歯に接した状態です。

“lost”の“s”「ス」は前回の“just”の”s”と同じ様に口の形を下図のようにして言う摩擦音です。上前歯のエッジと下前歯のエッジの位置をほぼ同じにして(高さ的にも前後的にも)、その隙間から息を出して「ス」を表現します。母音を入れてはいけないし、無声音だから、喉が震えてもいけません。

[S][Z]の口の形

歯を見せて言います。

[S][Z]発音時の断面

上下の歯の隙間からきれいな摩擦音を出します。

“lost”の“t”はまた抜け落ちた状態で歌っていますね。――入れて歌ってもテンポ的にはついていけますし、
間違いではないと思いますが――でも、抜け落ちたように歌うのだったら、ちょっとポーズ(間合い)を取る感じ・・・音は出さないけれど、舌を一瞬、上顎に着けて間合いを作るのがいいと思います。
それでポーズの意味で「・」を表示しておきました。

 

次回は“friend”。
では(^ ^)/

●最初は英語表記とフリガナを照らし合わせながら歌うようにして、覚えてきたら、英語    だけ見るようにして歌うようにすれば、違う歌でも応用が利くようになると思います。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
数十年前に友人と2人でアメリカ1ヵ月旅行。 ロスに居るのに“ハリウッド”が通じなくてビックリ。その後、リスニング, スピーキングに興味を持ちつつも、「気の  向いた時だけ取り組む」という姿勢をまっとう。
 

Copyright© Junko's Web-log , 2017 All Rights Reserved.